そして世界はぐるりとまわる

過去だったり未来だったりいまだったり

救急隊員へ敬礼

某YouTuberが救急車を呼んで医療従事者の方に

救急車使うなとか文句を言われたとか発言して炎上したらしいですが、

まぁ搬送する際に動画を撮っていたとか撮っていなかったとか

その辺の真実は自分では確認していないのでわからないのですが

搬送時に動画を撮っていたとすれば、

救急車も病院も守秘義務だらけだと思うんで

間違いなく注意されているはず。

そんな暇があるならタクシーで来いと言われるのは理解できる。

まぁその辺はどうでもいい。

知人が付き添うことで病院に行けるのであれば、

今の時期1回出動すれば救急車内を消毒しなければいけないことも含めて

1回の出動に対する救急車の拘束時間が長くなってしまうので

無理できるなら頑張ってくれ、というのもコロナ禍の中の真実だと思う。

 

私も何回か救急車を呼ぶ立場になったことがあるのですが

全部、救急搬送される人は意識不明の状態でした。

家族だったり同僚だったり通りすがりだったりいろいろですが

本人の意識があるとたいてい本人に「救急車は不要」と言われるので

意識ある状態で救急車を呼んだことがないです。

それでも、呼ぶときは心臓がバクバクしました。

目の前の人が死ぬかもという極限状態で呼ぶのは何回やっても

慣れるものではありません。

ちなみに意識があっても、頭をぶつけている場合は

本人が嫌がっても救急車を呼びましょうね。

 

ちなみに救急車に付き添う人はたいてい救急隊員に

「その荷物を持ってついてきてください」と言われることが多く、

それはパニックにならないために役目を与えているとのことらしいので

荷物を持たされても怒らないようにしてください。

そういうの大切。

 

一方自分は通報者にはなるが、付添人にはならず、

たいていマイカーで救急車を追いかける役割でした。

車のエンジンをかけて待機していると付添人は救急隊員に

「車でついてくる人いますか?」って確認されるらしいです。

3回やって3回とも救急隊員がわざわざ車まで来てくれて

搬送先の病院を伝えてくれると同時に

「絶対に救急車を追いかけないようにしてください」と

念を押されました。

車で追跡する人間に搬送先を教えてくれるのは

あくまで救急隊員の好意だと聞いたことがあるのですが、

搬送先の病院がわかるとたいてい先回りができるので

救急車を追いかけるより楽だったです。

 

あとこれは救急車で搬送された時の話ではないけれど、

夜中にマーライオンになった父親を夜間救急病院に車で

運んだことがあります。地獄です。

おそらくノロだろうということで、点滴処置になったのですが

それを待合室で待っている間、

随分と入り口が騒がしくなったなと顔を上げれば

何度流血の男性二人を囲んだ総勢8人程度の集団。

まだ揉めてる。またもや地獄。

病院で騒ぐな。揉めてんのに一緒の病院に連れてくんじゃねぇとか

いろいろ思うことはあったんですけど

そういうこともあるし、幽霊的な話もあるので

夜の病院を動画に撮ろうなんて思っちゃいけないという話。

 

 

もはやセンター試験も古い。

かつて「共通一次」と呼んでいた世代を馬鹿にしていた

センター試験」の世代なのですが、

もはや「センター試験」の世代も古いわけですよ。

まぁ名前なんてなんでもいいけど、

案外人生にかかわるのがこの試験。

自分はセンター試験を利用しない受験生だったので

記念受験をして同級生を冷やかしている立場でした。

それはともかく。

 

さて、今回の共通テストの東大会場で

許されざる事件が起こりました。

被害者の方は回復したようでよかったです。

news.livedoor.com

 

とりあえずこの事件の感想は阿呆かと。

いい高校に行っていたらしいですけど、本当にバカだったんだなと。

自分は東大に行けないと思った、まではともかく

だから東大(共通テスト会場)を襲った。←は?なんで?

そんな考えだから成績悪いんだよ、と言いたい。

 

この少年の場合、父親がコメントを出しておりますが

あまり家庭環境の話が出てこないのが印象的。

今までの少年犯罪だと、教育に厳しい家庭で、とか

家庭環境に問題がありそうな話が出がちなのですが

今回はその辺があまり話題に出ていない印象。

何か権力のあるご両親でしょうか。

一方、学校のコメントはとり方によっては辛辣で、

悪くない感じで切り捨てているなという印象でした。

 

少年犯罪として裁かれるか逆送になるかはこれからでしょうが

少年犯罪として裁かれた方が本人にとってはマシなんではないかな。

この先まともな人生にはならないでしょうから。

人を傷つける選択の前にもっと勉強のやり方を見直すとか

東大以外の人選を模索するとか

そういうことを思い至らなかった短絡さが悲劇でなりません。

人生を儚むなら勝手に死ね。

 

 

おでんを食べたい

昔、日本橋で有名なおでん屋に連れて行ってもらったのですが

満席でしばらく並んだ記憶と高級品だなと思った記憶だけが残り、

味の記憶が残っていないあたりもったいないことをしたなと思います。

おでんはたまごが一番好きです。

 

実家近くのコンビニは

行くたびにおでんの具が入っておらず、

毎度店員と格闘。

(当時、客が自分でおでんをとれない時代だった)

「たまごは?」「ないです」

「はんぺん」「ないです」

「ちくわ」「ないです」

「こんにゃく」「ないです」

「何ならあるの?」「大根3個ならあります」

現在時刻 18:00

じゃあいらねぇや、というのが何度か続いて

おでんだけは二度とそのコンビニに買いに行きませんでした。

大根だけ残るってどんな状況だよ?

 

ちなみに最近、大根を煮たものをたべたくなって

文句言いつつ下ごしらえして出汁で煮込んだら

思いのほかおいしくて同居人にも好評でした。

面倒だったけどあく抜きしたのが良かったのかも。

また今度作りたい。

 

で、最近帰り道の繁華街におでん屋さんの暖簾があるのですが

店の前では価格帯が全く分からない店で

寒いうちに行ってみたいけれど値段がわからなくて

怖くて入店できないというオチ。

焼き鳥もおでんもそうなんですけど、

1点いくらまでなら安心して食べられますか?

自分は1点200円を超えると高級品に思う貧乏人です。

 

 

背中が痛いの

引越を機にベッドを捨てたので、

床に布団を引いて寝る生活になったのですが、

自分の敷布団ってぺらっぺらだったんだなと

ベッドマットのありがたみを知った次第です。

とりあえず、背中と首が痛い。

 

布団を床で引くようになると、

朝はきちんとたたんでしまうようになったので、

部屋は広く感じますね。

やっぱり広さに余裕があるというのはいいよ。

まだ引っ越しの段ボール箱が片付いてないんですけどね。

仕方ない仕方ない。(目を逸らす)

 

てわけで、背中が痛いので、

敷布団の下にひくマットを買いました。

どれくらいの改善になるのかわからないんですけど、

起きたときに背中と首が痛くなければよいかな。

住みやすさを作るってお金がかかると思い知った次第なのです。

 

 

正月気分もそろそろ終了

1月の3連休も終わり、いよいよ正月気分も終了という感じで

仕事が忙しくなってきました。

というか、今月の忙しさが本番になった感じかな。

先週までは連絡がつかなかった人もいたのですが

今週は仕事をしている人も多い様子。

 

正月にニュースを見ていて思ったのは、

冬に飛行機で北海道なんぞいくもんじゃないよって話ですよ。

地元民として言いますけど、新千歳空港およびその周辺の交通機関

大雪には無力ですよ。

滑走路の除雪が終わる前に雪が積もる悪循環。

下手に羽田を離陸しても、ダイバートの可能性がありますって言われて

新千歳に行くつもりで旭川や函館に降ろされた日には絶望しますよ。

(大型機は新千歳以外に降りれなくて羽田に引き返しになるはず)

新千歳空港で配られた毛布1枚で寝る覚悟がなければ、

この時期の北海道観光、帰省ははお勧めできない。

まぁ一時期より海外の観光客は減っているはずなので

解放された会議室で中国語が飛び交い寝れない、なんてことは

この時期はないと思いますが。

 

まぁ北海道はこれからが雪まつり等の観光シーズンですけれど、

コロナ感染者もまた増加中ですので開催はどうなることやら。

 

そういえば、東京都モニタリング調査でPCR検査をしましたが

手軽な割には安心できるので、みんな見かけたらやるといいと思う。

自分が行ったときは、並んでもおらず、みんな足早に通り過ぎてたけど。

もちろん結果は陰性でした。

よかったよかった。

 

 

 

【レビュー】Nordace 軽量デイリーリュック

通販でリュックを購入しました。

最近SNSの各所で広告を見るこれです。

 

nordace.com

 

ここまで広告を出していることは

相当怪しいのか自信があるのかどちらかだとは思ったんですよね。

通販サイトを通しての購入ではないようだし。

(おそらく自社サイト通販)

 

自分の希望としては、

できる限り軽量で、大容量コンパクトであること。

仕事でPCを持ち歩くので、

とりあえず一つのバッグに収まらなくては困る。

見た感じ、条件は満たしているようなので

購入当時はセールにもなっているようだし購入してみました。

これぐらいなら失敗してもよいかな、という金額だったし。

 

結論から言うと、購入してよかったなと思います。

カバン自体が軽量なのは確かですが

いかんせん容量が多い分、荷物が多くなるので

自然と総重量は重くなることになり

そこまでカバンそのものの重量を重要視しなくてよいのかも?とも思いました。

ウリになっている外にUSBの接続口が出て充電が可能になっている

というのは、カバンの中にバッテリー(自分で用意)とつなぐ必要があり、

カバンの中にケーブルが出ているので、

それを良しとするか邪魔と思うのかは人次第。

ポケットは多く、自分としては整理しやすく使いやすかったです。

カバンがパンパンになるくらい荷物を詰め込んだのですが

これだけ入ればいいかなという感じで

自分にはベストサイズでした。

 

配送は海外からの輸入品となるので、

時間がかかるかと思いましたが

きっちり注文日から1週間でしたので早い方かと思います。

急ぎの人は即日は届かないので注意のこと。

 

色の展開も多いので、

自分はビジネスっぽくない色を選択しましたが

自分の好みを追求できるのもいいと思いました。

この価格帯でこのつくりなら

他のバッグも買ってみてもよいかなと思いました。

 

 

優勝旗の行方

さて、ニューイヤー駅伝で話題になりました

富士通の優勝旗紛失事件。

11月27日に発覚、12月16日にマスコミ公表とのことで

おそらくこの半月の間、捜索を行ったと思われますが

個人的には廃棄されたのが確定したので

公表に踏み切ったのでは、という考えが濃厚です。

 

なぜなら、産業廃棄物を出す場合は

マニフェストが発行されます。

プラスチックが何キロ、金属が何キロ、

運搬業者はどこで、最終処分はどこでいつ完了しているのか。

実際の物が何であるか、までは表示されないですが、

重さを見て想定できるものはあるはず。

また、運搬業者の目に全く留まらず廃棄できる大きさのケースでもなさそうなので

中身の確認まではしていなくても、大きなケースがあったなという

認識がされていたはず。

となると状況証拠で、廃棄されたか否かは

おおよそ確認できているのではないかと思われるわけです。

保管場所にあったということなので、

誰も見ていないことを確信して持ち出した第三者がいるなら豪胆ですが、

ビルを出るまでに相当な監視カメラがあると思うので、

完全に証拠隠滅して持ち出したとは考えにくいですね。

あと富士通はコロナ期間中はテレワーク重視の会社だったので

(今は知らん)

当時はそもそも優勝旗の管理担当者が出社もしておらず、

フロア移動の際に担当外の人が優勝旗だと思わず避けた可能性が

濃厚なのではないかな。

 

新しい優勝旗はどんなものになるのか、

今までの優勝企業の納得できるものができるのかはこれからのお話ですが、

何の落ち度もない選手がプレッシャーを受けて12位まで順位が落ち込み、

「優勝旗の呪い」のように言われるのは悲しいものです。

来年は頑張っていただきたい。